banner

技術革新で職に関わる全ての人を幸せに

和食がユネスコ無形遺産に登録されたことからも分かるように、日本の食文化というのは世界に誇るべき文化です。
しかし、それを支える生産者にはその見返りが少ないとされています。
その理由が旧体制の状態が続く流通経路の問題です。
中間業者が何社も関係することになる現在の流通経路では生産者の利益が減るだけでなくエンドユーザーへの価格にも影響されます。

株式会社いずみホールディングスはまず中間業者を廃して一元管理をすることによってコストを大幅に削減します。
こうすることによって価格の上昇を防ぐのです。
このような取り組みが可能になるのがテクノロジーを使った物流管理システムです。
IoTやAIなどを駆使することによって物流を最適化出来ます。

また、マネタイズポイントを新たに創出するこということも非常に大きなポイントです。
プラットフォームを作り、飲食店や量販店などに広告や情報を届けてビジネスチャンスを生み出すのです。
さらに、地方自治体などにもアピール出来るため地方創生にも一役買うことになります。
こうした取り組みが代表取締役社長である泉卓真氏の願いである日本の食文化に一番貢献する企業になることを達成させる要因となるのです。

https://www.amazon.co.jp/3万円の資金からスタートした起業成功論-泉-卓真/dp/4569709656

Copyright(c) http://www.seoul-plaza.com/