banner

生産者と消費者の関係性をより良好にする企業

一般的に流通というのは商売を行う上で重要な役割を持っているポイントだと言われることがあります。
とりわけ生鮮食品においては鮮度、つまりスピードが商品価値と直結しているため、どのような流通経路でエンドユーザーの元に届くのかというのは極めて大切になってくるのです。
そのため、食品を扱う業者は流通に真摯な姿勢を持っているべきだと言われています。

しかし、日本の流通においては問題だと言われることがあるのが中間業者の存在です。
生産者から消費者に商品が渡るまで、平均して7社の中間業者が介在しています。
こうすることによってせっかくの生鮮食品の鮮度が下がるだけでなく、中間業者に触れた分コストも上がっていきます。
こうすることによって生産者の手取りも減少していき、モチベーションの低下に繋がっていくのです。

このような問題において真正面から取り組んでいるのが泉卓真氏が代表取締役社長を務める株式会社いずみホールディングスです。
株式会社いずみホールディングスでは中間業者を出来るだけ排除することによってコストを最小限に抑えます。
また、流通時間も短縮されるため採れたての鮮度をそのまま消費者に届けることが可能になっているのです。

Copyright(c) http://www.seoul-plaza.com/