banner

古来から愛用された万能薬の高麗人参と糖尿病

高麗人参にはいろいろな栄養素が詰まっています。
炭水化物やたんぱく質、それにビタミンやミネラルといった微量の必須栄養素もバランスよく含まれています。
この豊富な栄養とそのバランスのよさは、まるで大地の栄養をすっかり吸い尽くしたようだとよく言われます。
実際、一度高麗人参を植えた畑は栄養素をたくさんとられてしまい痩せた土地になるために、かなりの期間あけないと次の農作物が植えられないと言われます。
豊富な栄養素の中でも、人参サポニンは健康増進のためのいろいろな効果が期待できる成分です。
サポニンというのは酵素の仲立ちで糖と他の栄養素が結合したものですが、構成のパターンによっていろいろな作用をし、高麗人参には30種類ものサポニンが含まれています。
この人参サポニンにはすい臓からのインスリンの分泌を促す作用があり、同時に自身もインスリンに似た働きを持つことがわかっています。
そのため、食事をすると一次的に上がる血糖値がスムースに下がり、糖分の代謝を助けることができます。
また糖尿病を発症するとすい臓のインスリン分泌機能が低下して血中の糖の濃度が高くなってしまいますが、人参サポニンにインスリンの代替作用が期待できますのですい臓をサポートすることも可能です。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.seoul-plaza.com/